省エネ暖房

暖房費はなるべく節約したいと誰もが思っているでしょう。そこで、暖房器具をいかに効率的に使用できるかがポイントになってくると思うのです。

サイトトップ > エネルギーの種類

スポンサードリンク

省エネ暖房

エネルギーの種類


暖房のエネルギーとして石油、ガス、電気があります。そこで、各エネルギーの特徴を簡単に検証してみました。


石油は燃料コストが断然安いのが利点です。しかし空気が汚れやすく臭いがあり換気が必要なことや、湿度が上昇しやすいなどの欠点もあります。なによりも給油が面倒であることが最大のネックかも知れません。また、アパートやマンションでは使用が禁止されている場合もあります。やはり火災の危険性が一番高いエネルギーであることは否定できません。


ガスのメリットは、石油ほどではないですが、比較的燃料コストが安いことと、すぐに暖まることです。スピードという面ではガスが一番でしょう。特に寒い冬の朝などはガスの早さがありがたく感じます。デメリットは換気が必要であることや、ガスの元栓が必要なため、使用できる場所が限られてしまうことです。


電気の最大のデメリットは燃料コストが高いということです。ただ、逆にこれがクリアーできると電気エネルギーには利点のほうが多くなります。安全性が高いことや環境にやさしいことなど、エネルギーとしては優れています。コンセントさえあればどこでも手軽に使えますし、器具自体の価格は比較的安価です。空気が汚れにくいという利点はあるのですが、エアコンなどの場合、空気が乾燥してしまうのはデメリットになってしまうでしょう。


それぞれのエネルギーにはメリット、デメリットがあります。場所や目的に応じて、一番メリットが大きいものを使用することが大切かも知れません。


省エネ暖房

MENU



スポンサードリンク