省エネ暖房

暖房費はなるべく節約したいと誰もが思っているでしょう。そこで、暖房器具をいかに効率的に使用できるかがポイントになってくると思うのです。

サイトトップ > カーテンと空気の循環

スポンサードリンク

省エネ暖房

カーテンと空気の循環


窓から伝わってくる冷気は部屋の中の空気が冷える原因となります。窓のカーテンは厚手のものにして、冷たい外の空気の影響をできるだけ受けないようにしましょう。床まで届くような長いカーテンの方が、下から侵入してくる冷気を遮断してくれるので、より効果は高くなります。


また、カーテンボックスをカーテンレールの上に設置することは、インテリアとしての効果だけではなく、冷気を防ぐのにも効果的です。断熱シートを窓に貼ることも、冷気を防ぐために非常に効果がありますので、ぜひ試してみて下さい。


冷気の侵入を防いだら、次は部屋の空気を循環させましょう。暖かい空気は冷たい空気よりも軽いという性質がありますので、部屋の天井のほうが暖かくなります。天井付近ばかりが暖かくなり、足もとが暖かくならないと暖房をしている意味があまりありませんね。


そこで、部屋全体を暖めるために、部屋全体の空気をかき回す方法を考えましょう。扇風機は夏に使用するものですが、冬でも活用方法があるのです。天井に向かってこの扇風機を回すようにしてやれば、部屋の空気を循環させることが出来るのです。また、部屋にエアコンの付いている場合なら、エアコンの「送風」や「サーキュレーター」といった機能を活用しましょう。


循環装置という意味を持つサーキュレーターは、暖房の効果を高めるための機能ですので覚えておいて下さい。これらを使用しても、電気代はごくわずか。上手に空気を循環させて部屋全体を効率よく暖めましょう。


省エネ暖房

MENU



スポンサードリンク